京都の春彩る「京おどり」の衣装合わせ(産経新聞)

懸賞 2010年 02月 23日 懸賞

 京都の春を彩る「京おどり」の衣装合わせが18日、宮川町の歌舞練場(京都市東山区)であり、芸舞妓(まいこ)がパンフレット用の写真撮影に臨んだ。

 61回目の演題は「花絵姿京洛瑞祥(はなのえすがたみやこのずいしょう)」で、総勢74人が出演。全7景のうち「舞妓の童唄」では舞妓が三味線を披露する。

 これまでにもお囃子(はやし)はあるが、三味線は初めて。舞妓のたね若さん(19)は「すごく緊張するのどすけど、舞妓のかわいらしさも出せれば」と話していた。

【関連記事】
古都の春は早いどすえ 舞妓さん「北野をどり」へ衣装合わせ
【京都MONO語り】変身処「舞香」 あこがれの舞妓はん
舞妓さんが華やかに豆まき 京都・八坂神社
実り多い年願う 梅に稲穂の簪
冬の祇園で「ティーパーティー」 舞妓さんの抹茶で至福のひととき

普天間、5月までに結論=米上院太平洋小委員長に説明−岡田外相(時事通信)
「テレビから懸賞に誘導」 QRコード広告企画に注目(J-CASTニュース)
タイ育ち難民「ベトナムへ強制退去」…地裁取り消す(読売新聞)
「仁義なさ過ぎ」社民・阿部氏=普天間めぐり福島党首を批判(時事通信)
インフル患者、3週連続で減少―全都道府県が定点当たり10未満に(医療介護CBニュース)
[PR]

by ojkcglueul | 2010-02-23 04:49

<< 宿泊場所1万7000人分提供=...   宿泊場所1万7000人分提供=... >>