日・カザフ、原子力協定に署名=ウラン安定供給可能に(時事通信)

懸賞 2010年 03月 05日 懸賞

 岡田克也外相とカザフスタンのカマルディノフ駐日大使は2日、日本とカザフの間の原子力協定にそれぞれ署名した。同協定により日本は同国からウランの安定供給を受けられるようになり、国内原子力関連企業のカザフ進出など、原発ビジネスの活性化が見込まれる。両国政府は今後、議会での承認を経て早期の発効を目指す。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

県知事選で供応容疑、理事長逮捕=民主落選候補の運動員−長崎県警(時事通信)
郵便不正公判、元係長「村木被告と話したことない」(読売新聞)
<のぞみトラブル>オイル漏れ感知せず(毎日新聞)
円楽襲名パーティーに小沢幹事長が出席(産経新聞)
北海道や大阪、愛媛の警察 「検挙情報」をネット公開(J-CASTニュース)
[PR]

by ojkcglueul | 2010-03-05 06:05

<< 寝たきりの79歳妻、夫に首絞め...   雑記帳 “究極”のすし折り登場... >>