北教組事件、小林千代美議員の辞職論強まる(読売新聞)

懸賞 2010年 03月 08日 懸賞

 北海道教職員組合(北教組)による政治資金規正法違反事件を受けて、民主党内で1日、国会審議や夏の参院選への影響を回避するため、小林千代美衆院議員(北海道5区)の議員辞職論が強まった。

 党幹部は「陣営の実質的な会計責任者が逮捕された以上、議員の職にとどまるのは厳しい」と語った。

 小林氏が今月15日までに辞職した場合、公職選挙法の規定により、4月に補選が実施される。ただ、「政治とカネ」が争点になれば、同党への逆風が予想されることから、執行部は16日以降の辞職としたい考えだ。

 鳩山首相は1日夜、首相官邸で記者団に「遺憾だ。政治家と(労働)組合とのかかわりの中でこのようなことが起きることは深刻に考えるべきだ」と語った。

「500系」ラストラン、「こだま」で余生(読売新聞)
ツイッター 国会議員のつぶやき「増殖」 大臣遅刻も中継(毎日新聞)
大島氏、与野党協議機関設置に「本末転倒」(産経新聞)
民家火災、4人死亡=石材業男性の一家か−群馬(時事通信)
小遣いなくなったから…小中学生がひったくり(読売新聞)
[PR]

by ojkcglueul | 2010-03-08 15:07

<< ほかの少年2人にもわいせつ行為...   寝たきりの79歳妻、夫に首絞め... >>