国民新党、事前面接に反対=派遣法、社民と共同歩調(時事通信)

懸賞 2010年 03月 19日 懸賞

 国民新党の亀井静香代表は12日の記者会見で、社民党の福島瑞穂党首が修正を求めている労働者派遣法改正案について、「原案通りにはいかない」と述べた。社民党と歩調を合わせ、派遣先企業が派遣労働者を受け入れる前に行う事前面接の解禁に反対する考えを示したもの。
 福島党首も同日の会見で、事前面接を解禁する項目の削除を求める意向を重ねて強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<たまゆら>「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る(毎日新聞)
殺人で捜査本部を設置=東京・国分寺の男性死亡−警視庁(時事通信)
<岡田外相>日米密約の有無、政府見解出さず(毎日新聞)
<前原国交相>スカイマークの操縦室撮影「言語道断」(毎日新聞)
局長級が定期協議=分野別「ホットライン」も−連携強化へ、日韓警察が合意(時事通信)
[PR]

by ojkcglueul | 2010-03-19 00:23

<< 阿久根市長、一般質問も欠席…市...   「朝鮮総連と一線を画してほしい... >>