署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)

懸賞 2010年 01月 24日 懸賞

 部下の20歳代の女性巡査にセクハラ行為をしたなどとして、兵庫県警は22日、県内の警察署の男性巡査部長(50)を停職3か月の懲戒処分にした。

 別の男性警官が署の朝礼で、「こんな人にはなりたくない」とセクハラを取り上げてスピーチし、発覚した。

 発表によると、巡査部長は2008年春、体を触らせるよう求めるメールを巡査に送信。昨年2月の署の送別会旅行では、寝ていた巡査の部屋に忍び込み、顔などを触ったという。

 巡査部長は「悪ふざけのつもりだった。体は触っていない」と釈明しているという。和田順一・県警監察官室長は「警官としてあるまじき行為。厳正に処分した」としている。

米国車700台にエコカー補助=簡易制度の輸入車に特例−政府(時事通信)
【チャイム】「クールビズ廃止を」 ネクタイ業界が陳情(産経新聞)
24日に住民と意見交換=八ツ場ダム中止問題で−前原国交相(時事通信)
小沢氏が聴取応諾…東京地検、夫人にも要請(読売新聞)
「検察リーク」で調査チーム=捜査や報道けん制の狙いも−民主(時事通信)
[PR]

by ojkcglueul | 2010-01-24 03:53

<< 「食事が遅い」7歳長男を殴られ...   <平沼赳夫氏>蓮舫議員の仕分け... >>