<鳩山首相>夫婦別姓制度「基本的には賛成」(毎日新聞)

懸賞 2010年 02月 18日 懸賞

 鳩山由紀夫首相は16日、首相官邸で記者団に対し、選択的夫婦別姓制度の導入について「私自身は前から基本的には賛成している」と前向きな意向を示した。その上で「家族のあり方や権利につながるので、一人一人いろんな考え方を持っているテーマだ。国民の意識を学びながら、政府としてまとめられるかどうか、千葉景子法相を中心に努力している」と語った。夫婦別姓制度を巡っては、千葉法相が前向きな一方で、亀井静香金融・郵政担当相が反対を表明するなど閣僚の足並みがそろっていない。【山田夢留】

【関連ニュース】
消費税:「4年間は上げぬ」首相
鳩山首相:エストニア首相と会談 把瑠都関の活躍に祝意
確定申告:かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」
子ども手当:11年度は満額…首相「余裕の分」発言否定
鳩山首相:子ども手当財源「無駄の削減でできた余裕で」

個所付け資料漏洩に前原氏「非常に遺憾」 異なる資料提出に自民「偽資料事件だ」(産経新聞)
参院選での定数是正は断念(産経新聞)
10代里見名人獲得なるか!?…将棋女流名人位戦第3局速報中(スポーツ報知)
押尾被告 弁護側の保釈請求準抗告を棄却(産経新聞)
【中医協】2010年度診療報酬改定を答申(医療介護CBニュース)
[PR]

by ojkcglueul | 2010-02-18 15:22

<< 性犯罪裁判「過去の量刑軽すぎ」...   <明石歩道橋事故>今後の取り調... >>